お値段以上?ニトリのおすすめマットレスと評判

お値段以上?ニトリのおすすめマットレスと評判

ニトリのマットレスはお値段以上?

家具や寝具、雑貨などをリーズナブルな価格で販売しているニトリ、知らない人はいないのではないでしょうか。 不景気が続く中で売り上げも利益も伸ばしている、優秀な会社だと思います。 ニトリは寝具も展開していますが、ニトリでベッドやマットレスを買ったという人も多いでしょう。 お値段以上というフレーズでおなじみですが、本当にお値段以上に品質があるのでしょうか。 ということで、今回はニトリのマットレスに焦点を当ててみたいと思います。

ニトリのマットレスは安い

ベッドの置くようなタイプのマットレスって、良いものは本当に高いですね。 高くて手が届かないので、ニトリのマットレスを選ぶ人も多いでしょう。 ニトリのマットレスは、安いものは1万円でお釣りが来るものもありますから、本当にリーズナブルです。 それにポケットコイルやボンネルコイル、高機能コイル、ラテックスや低反発ウレタンなどさまざまな素材を使ったマットレスが豊富に揃っています。 高いものは10万円以上するものもありますが、全体的には安いお値段設定だと思います。

有名メーカーとのコラボの評判が上々

安くて品質も高ければいうことなしなのですが、実際ニトリのマットレスの評判はどうでしょうか。 口コミを確認すると、ニトリのマットレスの評判はよいものもあれば悪いものもあるようです。 というのもニトリのマットレスはNスリープなどのPB品だけでなく、シーリー、フランスベッドなどの他社とのコラボ商品もあります。 ですからニトリのマットレスと一括りにして、その品質を判断するのは難しいということがいえると思います。 もちろんシーリー、フランスベッドといった海外でも有名なメーカーのマットレスは品質も高いですし、値段も高いです。 一方でNスリープをはじめとするPB品のマットレスは値段も抑えめですが、良いものもあれば悪いものもあるということです。

おすすめはシーリーのマットレス

ですから多少お金を払っても良いマットレスを買いたいのであれば、シーリーやフランスベッドのマットレスを選ぶと失敗する可能性は低いでしょう。 シーリーやフランスベッドの名前が入っていると、ポスチャーテックやマルチラスといった、独自の技術を使った高機能コイルを使用しています。 ですからまずコイル構造が違うんですね。 じゃあニトリで買う必要ないのでは?と思ってしまいますね。 しかしニトリであれば、シーリーやフランスベッドの技術が入ったマットレスを安く買えるというメリットはあると思います。 特にシーリーとニトリのコラボで作られた、6930というマットレスはおすすめです。 本場シーリーのHOTEL STYLEというマットレスと近い作りになっており、まるで高級ホテルのベッドのような寝心地です。 ただ高機能コイル以外の生地や素材は違うと思いますから、完璧に一緒ではありません。

Nスリープの機能を評価

しかしニトリのPB品である、NスリープやNスリーププレミアムも、値段に反して品質の高いマットレスだと思います。 低価格のマットレスで、なるべく良いものをお探しならぴったりではないでしょうか。 Nスリープのコイル構造はボンネルコイルもありますが、ポケットコイルが多いようです。 ポケットコイルはひとつひとつが独立したコイルのため、体の寝姿勢に合わせて形状が変化します。 そのためポケットコイルは、寝心地や体圧分散性、対振動性にも優れています。 特に2人以上で寝る場合は、ポケットコイルの方が隣の人の寝返りなどで目が覚めることも少ないのではないでしょうか。 ただ耐久性の面ではボンネルコイルの方が高いようですし、値段もボンネルコイルの方がお安めです。 ちなみにNスリーププレミアムは2層構造のポケットコイルになっており、体圧分散性や耐久性がアップしているようです。 お財布に余裕がある、より良い睡眠を得たいのであれば、Nスリーププレミアムの方が良いかもしれませんね。 ただニトリのマットレスはお値段が安い分、価格を下げるために素材か縫製か何かしら削られている恐れがあります。 また肩こりや腰痛を改善、予防するといった寝心地以外の機能まで考えられているかはわかりません。 もちろん高ければ良いというわけではありませんが、高いマットレスにはそれなりに理由があることも忘れてはいけません。 安ければ良いという考えだけでマットレスを選んでいるのであれば、良いマットレスを選択できない可能性があります。 まずマットレスの購入予算を設定するのではなく、自分にどんなマットレスがあっているかをまず、じっくり考えてみてはどうでしょうか。 睡眠というのはとても重要なもの、マットレスが良い睡眠に一役買ってくれるかもしれません。

メニュー

ページのトップへ戻る