蒸れない枕の条件は高通気と高反発

蒸れない枕の条件は高通気と高反発

枕が蒸れると眠れない?

夏になると枕が蒸れるとお悩みではありませんか。 頭寒足熱が快眠にとっては大切ですから、布団に入ってストンと眠るためには、枕が蒸れないことも大切です。 なんとなく寝苦しい、熟睡できないのは枕の蒸れが原因かもしれません。 では頭が蒸れないためにはどんな枕を使えばよいのでしょうか。

蒸れない枕の条件

蒸れない枕、それはやはり通気性の良い枕ではないでしょうか。 通気性が良ければ枕と頭の間に熱がこもらず、湿気を逃がして蒸れにくくなるはずです。 また、蒸れを防止するために人は寝返りを打つのですが、寝返りしやすい枕であることも大切です。 枕の素材としてよくあるウレタンフォームやポリエステルわた枕などは通気性があまりよくありません。 また寝返りもしにくいので、どちらかというと蒸れやすい枕といえます。 羽毛枕やウール枕は吸湿性が放湿性が高い点は蒸れにくいといえます。 しかしながら、柔らかいため頭が沈み込んで寝返りがしにくく、頭と枕がべったり密着してしまうので、若干蒸れを感じてしまうでしょう。 通気性の良さと寝返りのしやすさが、蒸れない枕の条件といえます。

蒸れないおすすめ枕

この2つの条件を満たす枕が、高反発のエアー系枕です。 エアー系枕とはつまり、空気が通る空間のある素材でできた、いわゆるブレスエアーのような樹脂を3次元に絡めた素材を使った枕です。 ブレスエアーの枕は体積の約95%が空気でできているため、通気性が抜群によく、蒸れをほとんど感じません。 そればかりか風が通っていくのを感じるくらいの爽快感です。 ブレスエアーの利点はさらに丸洗いでき、洗っても速乾性が高いことです。 いつでも清潔にたもつことができますし、速乾性が高いためにダニも繁殖しにくく、寝汗をかいてもすぐに乾いて蒸れとは無縁です。 さらに反発力が高いため、寝返りもスムーズ、蒸れない枕の代表格といえるでしょう。

メニュー

ページのトップへ戻る